サイディングの反りや浮き

反りや浮きが起こるのはなぜ?

基本的には経年の劣化により、サイディングボードの一部に反りや浮きが起こる事がほとんどです。だいたい施工から10年前後経過した後にでてくることが多いです。

 

また、何らかのトラブルが原因でサイディングボードの内部に雨水が入り込み、濡れたり乾燥したりを繰り返しているうちに、ボードの反りや浮きが発生する場合もあります。雨水の浸入しやすいボードの割れシーリングの劣化などのトラブルは、早めに対策したほうが安心です。

 

あとは地震など自然災害の影響により建物が傾いたり、そもそも施工時の釘留め、金具施工が不十分な事が原因だったりもします。

 

どんな補修をするの?

まずは反っているボードを調査します。施工時のクギの打ち忘れがないか、どの程度反っているのかなど、反りの原因と状況をしっかりと確認します。

 

先孔加工での留め付け

軽度の反りであれば、ビスの打ち増しで補修を行います。軽度とは、手で押さえたときに元通りの位置まですんなりと戻るような状態です。
留め付けする箇所を選定し、ドリルで穴をあけて、ステンレスのビスで留め付けをします。補修に使用したビスの頭には、錆止め用の塗料も塗り、表面上も綺麗に仕上げます。

 

サイディング張替え

打ち増しだけで補修しきれない場合は、既存のサイディングを取り外し、張り替えを行います。一度反りや浮きが発生した部分です。また同じトラブルが起こらない様、細かい間隔でしっかりと留め付けを行います。

 

 

サイディングの浮きや反りは、放置しておくとますますひどくなります。凹凸のあるサイディングだとなかなか気がつかなかったりします。たまには時間を確保し、じっくりとチェックしてみると良いですよ!

 

サイディングの反りや浮きのトラブルは、専門業者に相談するのが一番安心。

ウィズリフォームは、豊富な経験から、確かな施工をご提案いたします。お気軽にご相談ください!

 

 

 

PageTop