サイディング表面はがれ(塗膜はがれ)

外壁サイディングの表面の劣化やトラブルとして、表面の剥離があります。原因としては、紫外線など外気の影響によるもの。また雨水や屋内からの湿気が、サイディングボードに染み込み、ボードが水を含んでしまった事が原因となります。

 

また経年劣化によるチョーキング(外壁サイディングの表面を触るとチョークのような粉がつく)や、カビの発生による変色などのトラブルがあります。それを放置しておくことで、表面の剥離に発展していく場合も多いです。

 

チョーキングは実際手で触ってみないと分からなかったりしますし、カビもあまり目にしない部分だとなかなか気がつかないですよね。表面が剥がれてきてやっとトラブルに気が付くというケースも多く見られます。

 

軽い剥がれであれば、塗装のし直しのみの補修で済むかもしれません。しかしひどい場合はボード自体の張替えが必要になってきます。特に湿気が原因だったりすると、表面だけはなく内部まで傷んでしまっている可能性もあるからです。

 

サイディングが剥離してしまったときの主な補修方法について、簡単にまとめてみました。

 

 

サイディングが剥離したときはどうすればいいの!?

剥離の原因は、サイディングボードに水を含んでしまっている事が原因です。したがって、表面の剥離部分を除去除去(撤去)するだけでは一時的には治ってもまた同じことが起こることになります。

 

そしてそもそもなぜ水を含んでしまったのでしょうか?
その原因を突き止めれば、再発を防止する対策も考える事がでいます。

原因がはっきり分かってから、適切な補修を行うことができるのです。

 

水を吸ったサイディングは、スポンジのようなものです。 そのままだと塗装もうまくできません。 まずスポンジ状態のサイディングを、固い高野豆腐のようしっかりと固めます。それから表面を直すことが必要になります。

 

表面を直す為には、以下のような方法があります。

 

●パテと塗料で元通りにする方法
現状のサイディングを活かし、剥離部分を補修します。剥離した部分をサンダー等で綺麗にし、上からパテで形を作ります。その上から塗装して元のサイディングに近づけていきます。

 

●サイディングを張り替える
剥離したサイディングを取り外し、新しいサイディングを貼り付けます。デメリットとしては同じデザインのサイディングが廃盤になっていた場合には、部分のみの張替えが難しくなります。激しい剥離の場合には、張替えがオススメです。

 

 

経年によりご自宅をとりまく環境は変わっていきます。

 

施工した当初は湿気などの心配がなくても、周りの環境の変化によってご自宅の外壁が受ける影響も変化していきます。

人間が身体のメンテナンスをするように、住宅も定期的なメンテナンスやチェックが必要です。当たり前ですが愛情を持って接し、日頃からよく観察しておくことが、家を長持ちさせる秘訣です。

 

私たちウィズリフォームは、お客様が安心して、家を大切に住んでいただける事を第一に考え、リフォームをご提案させていただきます。

 

 

 

PageTop