サイディングのシーリングトラブル

 

シーリングの劣化

シーリングは、合成樹脂や合成ゴム製のペーストで、サイディングボードの目地や隙間などを埋めるのに使われています。コーキングとも呼ばれています。

 

サイディングボードは、水を吸い、太陽にあたり乾燥することにより、伸びたり、縮んだりします。その伸び、縮みの干渉を防ぐために、 シーリングがあるのです。

 

シーリングはサイディングと同じように、経年により劣化していきます。劣化の原因は様々ですが、主な原因は、太陽光の紫外線によるものです。風雨に晒されたり、地震などの自然災害による影響で劣化していきます。

 

シーリングは劣化すると、ヒビ割れ、硬化、剥離などが発生します。またシーリングにプライマーという下塗り剤を塗布しなければ、10年もたたないうちにサイディングの目地が開いてきてしまいます。

 

劣化したまま放置しておくと、サイディングの内側に雨水が入リ込むことになりますので、早めの打ち替えが必要になります。

 

どのようなトラブルがあるのか

シーリングの劣化から、ボードとボードの間に隙間が生じると、サイディングパネル内に雨水が浸入する可能性が高くなります。

 

しかし雨水が浸入するからといって、直接雨漏れが起きるわけではございません。

サイディングの防水は、一次防水がシーリングとなっております。

また、2次防水として、防水紙、防水テープで止めております。

 

1次防水であるシーリングで防ぎきれずに外部から水が侵入した場合でも、2次防水である防水シートによって雨を止めています。私たちの住む家は、これら1次防水と2次防水の2段構えで、雨や風から守られています。

 

しかしだからといって安心はできません。

雨水の浸入の影響で、パネルが反ってしまったり、内部にカビが発生したり、腐食の原因にもなります。

 

パネルや建物に影響が出るほど劣化が進んでしまうと、サイディングボード自体を張り替えなければならなくなってしまいます。

 

 

シーリングトラブルの対策

 シーリング材の劣化へ有効な対策は、既存のシーリング材を撤去しての打ち替えです。劣化した既存のシーリング材の上から新しくシーリング材をかぶせる方法もあります。しかし劣化部分も残りますので、トラブルが再発する可能性が高くなります。

 

シーリング材の寿命は、だいたい10年くらいとなります。

サイディング施行から10年近く経過している場合、日頃からご自宅の外壁に注意しておきましょう。

 

ウィズリフォームでは、シーリングの劣化に対しても丁寧に対応いたします。サイディングボードの内部にどのくらい影響を与えているのかもきちんと調べ、適切な補修をいたします。

 

見積を安く見せようと、表面だけの補修はいたしません!

施主様が安心安全に暮らせることを考え、将来の費用を抑えられる工事をご提案いたします。

 

たとえシーリングの表面だけを修理しても、内部の劣化が進んでいれば、大きなトラブルへ発展する可能性があるからです。そうなると工事費用もかなりの高額になってしまいます。

 

シーリングのトラブルは、私たちウィズリフォームに、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

PageTop