外壁の塗装(塗り替え)

家を長持ちさせるためにも、定期的な塗り替えを!

 

屋根・外壁の工事専門会社のウィズリフォームだからこそわかる、メンテナンスの重要性。

雨風にさらされる外壁の塗膜の劣化は、時間が経てばその分被害は大きくなり、住宅そのものにも影響を与えてしまいます。家を長持ちさせるには定期的な塗り替えが必要です。

 

塗り替えの目安は、築10年と言われています。
その他にも、塗り替えの目安となる劣化の症状がありますのでご紹介いたします。

 

 

こんな症状があれば、外壁塗装を行うタイミング!

 

チョーキング

チョーキングとは外壁の表面を手で擦った時に、手に白い粉がつく現象のことです。外壁の塗料の防水効果がなくなるとこのような現象が起こります。

 

汚れ

外壁は常に紫外線や風雨にさらされています。築10年もすると、経年による汚れが目立ってきます。また、湿気が多い場所では藻やカビも発生しやすくなります。。

 

塗装の剥がれ

経年劣化により塗装が剥がれます。また、梅雨など湿気が多い時期に塗装した場合、適切な塗料を使用していなかった場合にも、塗装が浮いて剥がれやすくなることがあります。

 

ひび割れ

モルタル壁に多く見られます。見た目も悪いこともありますが、ひび割れは雨水が間違いなく入ります。また、ひび割れは広がりやすいので早急に対処することをお勧めいたします。

 

上記のような症状が見られたら場合、放置すると症状は広がるばかりです。
見た目もどんどん悪くなってしまうので、早めにリフォームしましょう。

 

私たちは、お見積の段階で外壁の診断も行っております。
診断により他の劣化を発見できれば、早めに対策することができ大きなトラブルを防ぐことができます。
まずはお気軽にご相談ください。

 

 

 

PageTop