屋根の塗装・塗り替え

 

屋根のリフォームには大きく分けると、塗装メンテナンス(塗替え)、葺き替えカバー工法があります。その中でも最も手軽なリフォームが、屋根材に塗料を塗布する、塗替えです。

 

屋根はご自身の目でチェックすることが難しく、劣化がとても分かりにくい場所です。その為塗装を行うといい時期などの、目安を知っておくことが大切!

 

一般的な目安をお伝えしますので、リフォームの参考にしてください。 

 

塗装補修をする目安について

 

屋根の塗替えをする時期の目安は、築10年になります。風雨にさらされた屋根は、10年経つとどこかしら劣化してくるものです。適切な時期に塗替えをするのと、屋根がより長持ちいたします。

 

しかし10年立つ前でも、物が飛んで来てぶつかったり、自然災害の影響を受けたり、何かしらの原因で劣化や破損することがあります。

 

また湿気が多い場所であれば、藻やカビの発生にも気を付ける必要があります。屋根全体を見る事は難しいですが、屋根の縁など見える部分を確認してみましょう。本来の屋根の色と違う汚れが目立つ場合は、藻やカビの影響によるものかもしれません。

 

放置しておくと屋根の汚れは益々ひどくなり、取れにくくなってしまいます。屋根の異変に気がついた場合は、早めに対策するようにしましょう。

 

自分でも補修できるの?

 

屋根は高い場所での作業になり危険が伴います。また屋根用の塗料も大量に必要なため、基本的にDIYはお勧めできません。 

 

屋根のチェックや塗装メンテナンス(塗替え)によるリフォームをご検討でしたら、ぜひ私たちウィズリフォームにご相談ください。ご自宅の屋根が長持ちするよう、丁寧に対応・施工いたします。

 

 

 

PageTop