リフォームメニュー門扉・フェンス・塀・ゲート

GATE

神奈川県央・西湘エリア 工事棟数No.1(外壁メーカーニチハ株実績) | 伊勢原市拠点のウィズリフォーム|屋根・外壁の塗装・張替え・葺き替え、キッチン、トイレ、浴室、バリアフリー、シロアリ、内装、どんなことでもご相談下さい

こんな症状があればリフォームのタイミング

  • case 01

    老朽化

    門の開閉がスムーズにできなくなった。施錠部の破損やスムーズに動かない。錆びたり色褪せたりしている。

  • case 02

    スペースが必要になった

    車椅子やバギー(ベビーカー)でも開閉や出入りしやすいように、横幅、奥行きなど、スペースが必要になった。

  • case 03

    プライバシーの確保

    周囲の視線を遮断するために背の高い門やフェンス・塀などを設置また、セキュリティーを高めたい(クローズドスタイルにしたい)

  • case 04

    開放的にしたい

    閉鎖的に感じる敷地の境界線にある、門扉やフェンスを無くしたり取り替えたりして、開放的にする(オープンスタイル)

  • case 05

    スロープ・手すりの設置

    ベビーカーや車椅子などを通りやすくするために、階段や段差を無くしたり、スロープの設置をしたりできます。

  • case 06

    機能性が悪いと感じている

    宅配ボックスやインターフォン、防犯カメラなど、さまざまな機能性の高い門扉にリフォームできます。

  • case 07

    デザインを変えたい

    門も外壁と合わせてリフォームしたい。外壁のリフォームの豊富な実績がありますので同時に工事ができます。

  • case 08

    門扉の位置を移動したい

    機能的に必要となった。※「住居表示」実施エリアにお住まいの場合、自治体への届出が必要になる場合があります。

門扉や塀は、20年ほど前までは、デザインを重視するものよりも、防犯や外からの視線を遮るためがほとんどでした。
しかし近年では、デザイン性や機能性を重視するように変化してきたのです。
さまざまな実績があります。お問い合わせください。
現地にてお客様のご要望とご不満をヒアリングさせていただき、現地採寸などを経てたくさんの実績を本にご提案させていただきます。

門扉のメニュー

  • スペースがあるなら

    開閉式(片開き・両開き・親子開き)
    門を前後に開くスペースがある場合は開閉式を設置できます。主流は内開きですが、自宅の外側が道路などに面していない場合など、危険性が少ない場合は外開きにすることもあります。「両開き」は、扉2枚を左右に開くタイプです。「片開き」は、1枚の扉を開閉するタイプで、間口が狭い場所にも設置することができます。「親子開き」は、開き方は両開きですが、2枚の片側の横幅を狭くして、アシンメトリーにしたタイプです。もう一方の扉の幅が大きいので、両開きタイプの門よりも出入りしやすくなります。横幅が狭い扉を固定して使うのが一般的です。
  • スペースがないなら

    スライド式
    玄関前に十分なスペースが取れない場合は、通常スライド式をご希望される方が多いです。左右にスライドさせて開閉するタイプです。引き戸とも言われています。敷地内や道路側のスペースの配慮が不要ですし、間口を広く開けることができます。ベビーカーや車椅子、自転車、バイクなどの出し入れがしやすいメリットがあります。引き戸タイプにもさまざまなデザインが採用されていますが、形状としては大きく2つのタイプがあります。伸縮可能できるアコーディオンタイプや目隠しにもなる、一枚の扉タイプがあります。
  • 選べる素材とデザイン

    オススメはアルミ
    一般的に門扉の耐久性は10年~15年と言われていますが、耐久性と費用面でもアルミ製はおすすめです。門扉の主な材質は、アルミ形材やアルミ鋳物、ステンレス、鉄、木製、樹脂系があります。
    アルミは、耐久性が高く価格が安いのが特徴で、ウィズリフォームでも一番オススメしています。アルミは軽量で子どもやお年寄りでも扱いやすいというメリットがあります。また色やデザインも豊富です。

フェンスのメニュー

  • アルミフェンス(ウォール)

    材質はアルミ形材やアルミ鋳物製などで、カラーやデザインが大変豊富です。また耐久性にも優れています。見通しの良いタイプが主流ですが、プライバシーを守れるように外部からの視線を完全にシャットダウン出来るタイプもあります。フェンスは、お隣との境界に設置して、自宅の敷地を明確にする役割と庭や街の景観を美しくする役割もあります。また、門扉・門柱や車庫前のゲートとコーディネートも可能です。
  • ブロック塀・レンガ塀

    既存のフェンスやブロック塀自体が、経年劣化し、破損やヒビや割れなどが生じている場合は、新しいものと交換することになります。しかし目に見えて、フェンスやブロックに大きな劣化がなければ、表面を塗装することで美しさを取り戻せます。新設する場合は、既存のフェンスやブロックの撤去も必要です。
  • 塗り替え・修復・撤去

    一般的に門扉の耐久性は10年~15年と言われていますが、耐久性と費用面でもアルミ製はおすすめです。門扉の主な材質は、アルミ形材やアルミ鋳物、ステンレス、鉄、木製、樹脂系があります。アルミは、耐久性が高く価格が安いのが特徴で、ウィズリフォームでも一番オススメしています。アルミは軽量で子どもやお年寄りでも扱いやすいというメリットがあります。また色やデザインも豊富です。

ウィズリフォームのリフォームはここが違う!

ご注意ください!門扉・門柱・囲いのリフォームには、技術・知識が大切なのです。

point 01

お客さまの本当のご希望を叶えるためにできること

門扉や門柱、囲いは、家の印象を左右します。
和風や西洋風、北欧風などのさまざまなバリエーションがありますが、デザイン性のみならず、防犯性や安全性、機能性も大切です。
門扉や門柱、フェンス、ブロック塀のリフォームは、お住まいの敷地や建物が違うため常にフルオーダーになります。
使う素材やできあがりのイメージは、サンプルやカタログの写真で見ることができますが、キッチンやバスルームのように既製品とできあがりが同じにはなりません。
つまり、お客さまのご希望に柔軟に対応できる、知識と経験が重要です。
実績豊富な私たちが、お客さまの望むリフォームを実現させます。

point 02

実は範囲が広いため、幅広い知識と技術が必要です。

門扉周辺の工事の範囲は実は、非常に曖昧なのです。
門扉のリフォームのみを検討しているうちに、玄関の周りを広く使いたい、玄関まで段差を無くして、ベビーカーや車椅子の出入りを楽にしたい、石を敷く、タイルを貼る、手すりが欲しい、カーポートも変える必要が出てきたなど、徐々に明らかになっていきます。
でも、トータルでリフォームができる、当社ウィズリフォームならば安心です。
万一大規模になってしまっても、ご相談からプランニングに始まり、工事現場での施工管理を経て、完了日まで誠心誠意進めてまいります。

ウィズリフォームでは、現地調査・簡易診断・お見積りは無料です!お気軽にご相談ください!

ここまでやって全て無料!

※ 調査後に強引な営業は行いませんのでご安心ください