リフォームお役立ち情報現場レポート① 伊勢原市A様邸-6 鉄部塗装 (8月30日)

REFORM USEFUL INFO.

神奈川県央・西湘エリア 工事棟数No.1(外壁メーカーニチハ株実績)

現場レポート① 伊勢原市A様邸-6 鉄部塗装 (8月30日)

UPDATE : 2021.08.30

屋根が終わったのでその屋根を塗った後で、
ケレン、下塗りをした後の鉄部を塗っていきます。
まずは鉄部の上塗り。
鉄部って実はお家でも色々とあるんですよね。

このA様のお家で鉄部は、
①シャッターボックス
②霧よけ
後は、外壁の下にある水切り部分などにあります。

これ鉄なの?とか何の材質なの?
ということがあるのですが、
実は分からないことが多いのも事実です。

↓が塗った後の写真です。

現場レポート① 伊勢原市A様邸-6 鉄部塗装 (8月30日)

これがシャッターボックスです。
シャッターボックスは、実は塗れるのです。
でもシャッターは塗りません。
理由は何でだと思いますか?
塗るとシャッターが重くなったりするからです。
上げ下げするのが。塗装でくっつくのもあるので
塗ることはお勧めしません。

↓は出窓の上部です。 
現場レポート① 伊勢原市A様邸-6 鉄部塗装 (8月30日)

実は、サッシは塗らないのですが、
出窓の上は塗ります。 
ではサッシは何故塗らないのでしょうか?
サッシは塗ると必ず数年で塗装が剥げてきたりして、
しっかりと付着することが難しいのです。
サッシの材質はアルミです。
そのアルミは塗装をしてもあまり
付着がしっかりしないので、そのために
塗らないのです。
一方、出窓の上は実はアルミではない材質です。
簡単に言えば「鉄」です。だから塗れるのですね。

鉄部は、アルミも鉄のようですが、
塗らないと覚えておいてください。
出窓の上は塗れます。

ということで今日は鉄部の塗装でした。
明日は、その他鉄部以外の塗装となります。