リフォームお役立ち情報外壁サイディング全面張替工事 横浜市K様邸-1(3月4日)

REFORM USEFUL INFO.

神奈川県央・西湘エリア 工事棟数No.1(外壁メーカーニチハ株実績)

外壁サイディング全面張替工事 横浜市K様邸-1(3月4日)

UPDATE : 2022.03.04

サイディング全面張替工事 全面張替工事のお得な情報とは?

 

(1)サイディング張替工事をする時には、まずは「はがし検査」から

 

皆さんお世話になっております。F様は、私たちの工事が中断されたので、今回よりK様邸についてお伝えしていこうと思います。

F様の工事が再開したらまたお伝えさせていただきます。

このK様ですが、中古住宅としてお家を購入された方です。

ある会社にインスペクションを依頼したのですが、少し難しい案件なので私たちにご相談をいただきました。

それはまずベランダがとても気になったということです。

 

そのベランダ写真はこちらです

外壁サイディング全面張替工事 横浜市K様邸-1(3月4日)

このサイディング、見た目はあまり問題ないようですが、あけるとこんな形になっていました。

外壁サイディング全面張替工事 横浜市K様邸-1(3月4日)

すごいです。見た目わからないのですが、剥がし検査を行うとこのようになっていたのです。

 

さらに拡大すると こんな感じでした。

外壁サイディング全面張替工事 横浜市K様邸-1(3月4日)

この様なことになっている可能性もありますので、少しでもご心配があればご相談いただければと思います。

 

(2)なぜこのベランダは水が入ったのか?

 

そもそも家で水が入るところはだいたい決まっているのです。

細かい場所はいろいろとありますが、ベランダに関しては、特に多い個所となっております。

では、今回のベランダの笠木について詳しくお伝えしてみます。

  

まず、このベランダで一番怪しいのは、この笠木部分です。

笠木とはこの写真の鉄部です。

外壁サイディング全面張替工事 横浜市K様邸-1(3月4日)

この笠木に水が入るのは実はこの笠木を開けた中の防水処理ができていません。

通常はこのベランダ笠木に関して防水紙などをはるのです。正しい施工はこのようになります。

外壁サイディング全面張替工事 横浜市K様邸-1(3月4日)

ベランダの天部は写真のあるように防水紙をしっかりと張っていきます。

手すり部分笠木の直下も防水紙を張ることで雨がはいりません。

様邸で笠木部分木が腐っていたのは、防水紙などの処理がなされていなかったと思っております。

 

いずれにしてもこのようにベランダは雨が入りやすい箇所です。

しばらくの間は、K様邸のことをご紹介しながらサイディング張り替えリフォームのメリットなどをお伝えできたらと思っております。

 

次回は高圧洗浄に関してお伝えしていきます。

 

住宅メンテナンスに関する書籍を出版しました。
題名:「あなたの持ち家があぶない!」
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4776210878?pf_rd_r=G6HB1JJ5ZRWRF8N7557B&pf_rd_p=3d55ec74-6376-483a-a5a7-4e247166f80b