リフォームお役立ち情報現場レポート① 伊勢原市A様邸-8 外装工事 軒天塗装 解説  (9月2日)

REFORM USEFUL INFO.

神奈川県央・西湘エリア 工事棟数No.1(外壁メーカーニチハ株実績)

現場レポート① 伊勢原市A様邸-8 外装工事 軒天塗装 解説  (9月2日)

UPDATE : 2021.09.02

前回は軒天塗装工事をしました。
そもそも軒天は、何の役割ですか?
と言われたらどんなことを連想しますか?
また、分かりますか?

まず場所は外壁からでていて屋根の裏側
ということです。
ここです。↓

現場レポート① 伊勢原市A様邸-8 外装工事 軒天塗装 解説  (9月2日)

役割としては...
1:火事になったときに隣の家に火が飛ばないように
  する延焼をふせぐもの。
2:屋根裏への換気する役割
3:雨が外壁に掛らないようになり、
  外壁も長持ちできる。
4:見た目の美観。

このように4つほど役割があります。
この軒天を2回目塗ったのが 今日の塗装です。

また名前の由来としては屋根の先端を軒ということで
その天井ということで、軒天ということなんです。
何だか専門用語分かりづらいですね。

塗装はここの軒の役割である、
「屋根裏への換気」が
大切なために、ある程度通気がある塗料で
塗らないといけないと思っております。
というのも、塗料は物によっては
密閉してしまうことが
あるのでその役割をさせないためにも、
「通気性がある塗料」で塗る必要があるのです。
家を長持ちさせていくために必要なことだと
私たちは思っております。

現場レポート① 伊勢原市A様邸-8 外装工事 軒天塗装 解説  (9月2日)現場レポート① 伊勢原市A様邸-8 外装工事 軒天塗装 解説  (9月2日)

因みに、この軒天にある穴の開いた箇所から
屋根の裏側、部屋からみた屋根裏の場所へ
空気が入っていきます。

次はいよいよ外壁塗装です。